お店の経営者は注目!スタイリッシュで価格も安いposレジが登場

経営に便利なシステムがたくさんある

近年はIT分野も発達してきていますので、今まで小さなお店や事務所では導入することができなかったシステムでさえも、簡単に導入することができるようになってきています。経営者が注目すべきIT技術がたくさんあるので注目しましょう。

補助金も活用しよう

レジスター

導入できないところも多かった

小さなお店を経営している人にとっては、レジやposシステムは導入したいけれど手が届かないサービスであるという印象が強かったのが事実です。しかし、最近ではタブレット型やクラウド型などのposシステムも導入されてきているため、安い価格でレジを導入することができるようになったお店も多いです。
そのため、野菜の直売店や小さなカフェ、パン屋さんやお土産屋さんなど、様々なところが導入をしてスムーズな経営ができるようになってきています。今まで導入をすることができないと悩んでいた経営者は検討してみると良いでしょう。

補助金利用でもっと安く

システムを導入する際は、posレジシステム業者のサービスをよく読むようにしましょう。導入したお店には補助金制度が適用されることもあるので、そういった情報を知っていると知らないのとでは大違いなのです。
補助金の対象となる企業は中小企業や個人事業主など、大企業でなくても様々な人が当てはまるので検討することが大事です。

軽減率制度も怖くない

こういったposと連動したレジシステムを、どうにか価格を抑えてまで導入するのは、軽減税率制度の導入があるためです。
お店を利用するのとは違って、テイクアウトだと消費税が8%で済ませられるという制度が導入されるため、早めにレジやposで対策を考える必要があります。

様々な機能があるので注目しよう

店内

導入前に確認しよう

レジでは固定型だけではなくタブレット型も登場してきているので、今までレジスターを置くスペースがなかったお店も利用できるようになってきています。クラウド型の導入件をしている企業も多いですが、ネットワーク環境も確認するようにしましょう。

READ MORE

制度が変わる

サービスを提供する、物を売る、そして売上を上げるのがお店や事業所の基本的活動です。しかし、社会と密接に関わっているため、税率が変わるとレジなど売上の報告の仕方も変わってくるので、posは導入しておいた方が良いといえます。